沿革

1897年 (明治30年)中田治郎吉、利尻にて創業。
1955年 (昭和30年)株式会社中田組を利尻富士町鬼脇に設立。資本金1,000万円。
1955年 (昭和30年)中田平吉が代表取締役社長に就任。
1965年 (昭和40年)中田豊彦が代表取締役社長に就任。
1966年 (昭和41年)株式会社中田組稚内出張所を設置。
1969年 (昭和44年)本社を稚内市はまなす2丁目に移設。
1970年 (昭和45年)生コン工場を利尻郡利尻町沓形に新設。
1974年 (昭和49年)生コン工場を利尻郡利尻富士町鬼脇に新設。
1976年 (昭和51年)起重機船「第2中田号」(50t吊)を新設。
1977年 (昭和52年)曳船「拓洋丸」(95t・1000HP)を新造。
1979年 (昭和54年)株式会社中田組札幌支店を新設。
1979年 (昭和54年)曳船「北洋丸」(20t吊・260HP)を新造。
1981年 (昭和56年)本社を稚内市港2丁目8番30号に移設。
1981年 (昭和56年)起重機船「第5中田号」(60t吊)を新造。
1982年 (昭和57年)曳船「千歳丸」(19.86t・60HP)を新造。
1984年 (昭和59年)資本金を77,050千円に増資。
1985年 (昭和60年)起重機船「第7中田号」(150t吊)を新造。
1985年 (昭和60年)曳船「第18元丸」(98t・2000HP)を新造。
1989年 (平成元年)舗装部を新設。
1990年 (平成2年)舗装合材プラントを天塩郡豊富町に新設。
1990年 (平成2年)生コン工場を新法人化「株式会社利尻生コン」
1994年 (平成6年)舗装部門を新法人化「北新道路株式会社」
1995年 (平成7年)コンピューターネットワークを開始。
1996年 (平成8年)中田伸也が代表取締役社長に就任。
1996年 (平成8年)創業100年を記念し、中田組100年記念史「波濤を超えて」を発刊。
1996年 (平成8年)地域経済活性化資金として、3,000万円を寄付。
1996年 (平成8年)起重機船「第11中田号」(280t吊)を新造。
1999年 (平成11年)クローラークレーン(200t吊)を新造。
2004年 (平成16年)サハリンにて、石油・ガス開発プロジェクト「サハリンプリジェクト」に参加。
2011年 (平成23年)スパット式浚渫船「第12中田号」を新造。
2013年 (平成25年)クローラークレーン「百力」(100t吊)を新造。
2017年 (平成29年)起重機船「第21中田号」(210t吊)を新造。
2017年 (平成29年)押船兼曳船「第28英丸」(1100PS×2)を新造。
2020年 (令和2年)曳船「第38令進丸」(800PS×2)を新造。